〒737-0821
広島県呉市三条2丁目1番13号
 

人間ドック・検診

  • お知らせ
  • 基本方針
  • 婦人科検診
  • コース
  • 詳しい検査内容
  • オプション
  • ご予約
  • お問合せ
  • よくある質問

お知らせ

平成28年度の予約受付開始は平成28年3月1日(火)からです。お申し込み方法は電話または健診受付窓口にて承ります。

オプションに「インボディ測定(体成分分析)」を追加しています。料金は540円(税込)です。オプション一覧もご参照下さい。

「子宮頸がん検診・乳がん検診」のご予約を承ります。

呉市在住の方
子宮頸がん検診は、20才以上(1,000円)
乳がん検診は、40才以上(1,700円)

呉市・江田島市・熊野町在住の方
「子宮頸がん・乳がん検診」の無料クーポン券をご利用頂けます。
無料クーポン券をお手元にお持ちの方は、お電話でご予約下さい。

〒737-0821
広島県呉市三条2丁目1番13号
℡ 0823-21-1601(代表)内線105 担当者まで

基本方針

*疾病の早期発見・予防に努めます

*健康管理の重要性を認識し、受診者の自己管理のための支援を行います

*職員の技術・知識の向上に努め、精度の高い健診を目指します

*誠実であたたかみのあるサービスの提供に努めます

婦人科検診

  • 子宮頸がん検診・・・3,100円
  • 乳がん検診・・・・・5,700円
    (マンモグラフィー+乳房触診)  

各種公的補助に該当される方もいらっしゃいますので、「お知らせ」をご覧ください。
ご不明な点は、人間ドック・検診窓口までお問合せ下さい。

〒737-0821
広島県呉市三条2丁目1番13号
℡ 0823-21-1601(代表)内線105 担当者まで

人間ドックコース (H26.4.1改正)

  1泊2日
コース
半日2日
コース
半日1日
コース
生活習慣病
予防検診コース
料金 66,900円 53,500円 46,300円 20,600円
問診・診察
身体計測
採尿・採血
便潜血検査
肺機能検査 ×
心電図
運動負荷試験 × × ×
糖負荷試験 × ×
腹部超音波検査 ×
眼底眼圧検査 ×
視力検査
聴力検査
喀痰細胞診 ×
胸部X腺撮影
胃部X腺撮影
又は胃内視鏡検査
婦人科検査 × × × ×
栄養指導 × ×
リハビリ運動療法 × ×
耳鼻咽喉科診察 × ×

詳しい検査内容

分類 検査項目 考えられる疾患・検査目的
身体測定 身長 体重 標準体重 肥満度 視力 聴力 腹囲 肥満
血液検査 白血球 【高値】急性感染症、白血病
【低値】全身性エリテマトーデス、再生不良性貧血、悪性貧血
赤血球 【高値】脱水
【低値】各種貧血
血小板 【高値】慢性骨髄増殖性疾患、炎症・感染症
【低値】再生不良性貧血、急性白血病、特発性血小板減少性紫斑病、播種性血管内凝固症候群
ヘモグロビン 【高値】脱水、赤血球増加症
【低値】各種貧血
ヘマトクリット 【高値】脱水、赤血球増加症
【低値】各種貧血
MCV
MCH
MCHC
【MCV高値・MCHC正常】:大球性正色素
悪性貧血、肝硬変
【MCV・MCHC低値】:低球性低色素
鉄欠乏性貧血、鉄芽球性貧血、慢性炎症、悪性腫瘍 
【MCV・MCHC正常】:正球性低色素
急性出血、溶血性貧血、再生不良性貧血
血液像 白血病、その他血液疾患
免疫血清学検査 HBs抗原 B型肝炎
HCV抗体 C型肝炎
CRP 感染症・炎症
血液生化学検査 総蛋白 【高値】脱水症、 多発性骨髄腫 膠原病
【低値】ネフローゼ症候群、肝硬変、栄養摂取不良
アルブミン 【高値】 脱水症
【低値】 ネフローゼ症候群、重症肝疾患、栄養失調各種炎症疾患
ZTT 【高値】 肝疾患、高脂血症、慢性感染症、膠原病、ネフローゼ症候群、多発性骨髄腫
総ビリルビン 【高値】 肝疾患の診断、黄疸の鑑別
GOT(AST) 【高値】 劇症肝炎、ウイルス性肝炎、薬剤性肝障害、アルコール性肝炎、慢性肝炎(活動型、非活動型)、肝癌 肝硬変、胆汁うっ滞、閉塞性黄疸(一般に急性・慢性肝炎ではGPTがGOTを上回り、肝硬変や肝癌ではGOTの方がGPTよりも上昇するといわれている)
GPT(ALT) 【高値】劇症肝炎、ウイルス性肝炎、薬剤性肝障害、アルコール性肝炎、慢性肝炎(活動型、非活動型)、肝癌 肝硬変、胆汁うっ滞、閉塞性黄疸(一般に急性、慢性肝炎ではGPTがGOTを上回る。また肝硬変、肝癌ではGOT上昇の方が優位といわれている)
γ-GTP 【高値】アルコール性肝障害 薬物性肝障害 胆汁うっ滞(肝内、肝外)、急性肝炎 慢性肝炎 肝硬変 肝細胞癌 過栄養性脂肪肝
ALP 【高値】肝疾患(肝硬変、肝細胞癌、慢性肝炎)胆道系疾患骨疾患(骨腫瘍など)甲状腺機能亢進症慢性腎不全
LDH 【高値】溶血性貧血、悪性貧血、心筋梗塞、白血病、悪性腫瘍、急性肝炎、感染症
コリンエステラーゼ

【高値】脂肪肝、急性肝炎、回復期肝細胞癌、ネフローゼ症候群、甲状腺機能亢進症、糖尿病
【低値】慢性肝炎、肝硬変、劇症肝炎、肝膿瘍、肝癌、膵癌、白血病、有機リン系中毒

総コレステロール 【高値】動脈硬化、糖尿病、甲状腺機能低下
【低値】甲状腺機能亢進、肝硬変
中性脂肪 【高値】 糖尿病、甲状腺機能低下症、下垂体機能低下症、クッシング症候群、急性・慢性膵炎、ネフローゼ症候群、アルコール依存症など
【低値】甲状腺機能亢進症、副腎皮質低下症、肝硬変など
LDLコレステロール 【高値】家族性高コレステロール血症、特発性高コレステロール血症、高LDL血症など 
将来における動脈硬化性疾患の危険因子となる(脳梗塞、心筋梗塞、肺梗塞など)。
【低値】無リポ蛋白血症、低リポ蛋白血症、低LDL血症
HDLコレステロール 【高値】CETP欠損症、家族性高αリポ蛋白血症、原発性胆汁性肝硬変症など
【低値】Tangier病、LCAT欠損症、LPL欠損症、アポA-Ⅰ欠損症、アポC-Ⅱ欠損症、慢性腎不全、糖尿病、甲状腺機能異常など
尿素窒素 【高値】
腎前性:火傷、消化管出血、脱水など
腎性:腎不全、ネフローゼ症候群、尿毒症など
腎後性:尿路閉塞性疾患、尿路結石など
【低値】肝機能低下(肝硬変、肝炎)、利尿剤使用時など
クレアチニン 【高値】GFR(糸球体濾過量)の低下(糸球体腎炎、腎不全、うっ血性心不全) 血液濃縮(脱水症、火傷) 筋細胞肥大(末端肥大症、巨人症)
【低値】 尿中排泄量の増加(尿崩症、妊娠)、筋萎縮(筋ジストロフィー、甲状腺疾患)、産生障害(肝障害)
尿酸 【高値】
1次性痛風:若年性痛風
2次性痛風:白血病、高脂血症、腎不全、糖原病Ⅶ型など
【低値】
生合成低下:キサンチン尿症、PNP欠損症、肝硬変
2次性低下:Fanconi症候群、Wilson病、糸球体腎炎など
血清アミラーゼ 【高値】急性膵炎、慢性膵炎、膵嚢胞、流行性耳下腺炎など
空腹時血糖 【高値】糖尿病、末端肥大症や甲状腺機能亢進などの内分泌疾患
【低値】インスリン分泌過剰(インスリノーマ)、副腎機能不全、肝硬変、過剰のインスリン注射や経口血糖降下剤の使用など
ヘモグロビンA1c 【高値】糖尿病
【低値】溶血性貧血や出血などで赤血球寿命が短縮し網赤血球が増加している場合
糖負荷試験 【高値】
グルコース値:糖尿病、妊娠糖尿病、耐糖能異常など
インスリン値:インスリノーマ、グルカゴノーマなど
【低値】
グルコース値:インスリノーマの一部
インスリン値:糖尿病
腫瘍マーカー CEA 消化器系がん・肺がん
CA19-9 膵臓がん・胆道がん
SCC 扁平上皮がん
尿検査 ウロビリノーゲン 【陽性】急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、溶血性貧血
【陰性】閉塞性胆道疾患(胆石症、胆道がん)
尿蛋白 【陽性】糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、腎硬化症、糖尿病性腎症、尿路感染症、尿路結石、膀胱炎など
尿糖 【陽性】糖尿病、腎性糖尿、甲状腺機能亢進症
尿潜血 【陽性】腎・尿管・膀胱・尿道・前立腺の炎症、腫瘍、結石など
溶血性貧血
尿沈渣 腎・尿路系疾患
消化器系検査 胃X線撮影・内視鏡検査 食道・胃・十二指腸のがん・炎症・腫瘍・ポリープなど
腹部超音波検査 各臓器の炎症・結石・腫瘍の有無
便潜血反応(2日法) 【陽性】大腸がん、大腸ポリープ
呼吸器系検査 肺機能検査 【異常な場合】肺結核、肺線維症、気管支喘息、気管支拡張症、肺気腫など、慢性の呼吸器疾患
胸部X線撮影検査 【肺】肺がん、肺結核、肺炎、気管支炎、肺気腫、気胸、胸膜炎、胸水など
【心臓】心肥大、心拡大、胸部大動脈瘤など
循環器系検査 血圧 【高血圧】本態性高血圧、二次性高血圧(腎臓病、脳血管障害、大動脈縮窄症、甲状腺機能亢進症、クッシング症候群、褐色細胞腫、睡眠時無呼吸症候群)など
【低血圧】自律神経失調症、貧血、下痢、内分泌異常など
心電図(12誘導) 【異常な場合】不整脈、心肥大、心筋虚血、心房中隔欠損症、心筋梗塞、拡張型心筋症、心臓偏位、心臓弁膜症、狭心症、電解質失調など
運動負荷試験(マスター2階段) 虚血性心疾患や不整脈の有無の診断
眼検査 眼圧検査 緑内障
眼底カメラ検査 動脈硬化・網膜剥離・白内障・眼底出血
婦人科検査 子宮頸部細胞診 子宮がん
乳房触診 乳がん
マンモグラフィ 乳がん

オプション検査 (H28.1.4改正)

分類 検査項目 考えられる疾患・検査目的 料金(税込)
脳検査 脳MRI検査 脳腫瘍・脳萎縮・脳出血・ 脳梗塞 20,600円
呼吸器系検査 胸部CT検査 肺がん・肺疾患 13,400円
消化器系検査
ヘリコバクターピロリ抗体(血液検査) 【陽性】
胃潰瘍・胃炎
1,000円
ペプシノーゲン 【高値】消化性潰瘍(特にPGⅠ高値)
【低値】 萎縮性胃疾患(PGⅠ、PGⅠ/PGⅡとも低値)、胃癌
2,600円
※腹部超音波検査   4,100円
膵臓MRI検査
(MRCP)
膵臓がん 22,000円
腫瘍マーカー AFP・PIVKA 肝細胞がん 2,600円
PSA 前立腺がん 2,100円
CA125 卵巣がん 2,100円
婦人科系検診 子宮頸部細胞診

乳房触診+マンモグラフィ
子宮がん
乳がん
7,800円
乳がん検診 ※乳房触診+マンモグラフィ 乳がん 5,700円
子宮がん検診 子宮頸部細胞診 子宮がん 3,100円
HPV検査(ヒト・パピローマウイルス) 子宮がん 5,100円
循環器系検査 BNP(血液検査) 【高値】心不全 2,100円
甲状腺機能検査(セット) FT3 【高値】甲状腺機能亢進症、甲状腺ホルモン不応症
【低値】 甲状腺機能低下症
3,100円
FT4 【高値】甲状腺機能亢進症(バセドウ病など)、甲状腺中毒症、亜急性甲状腺炎、甲状腺ホルモン不応症
【低値】原発性甲状腺機能低下症、下垂体性甲状腺機能低下症、視床下部性甲状腺機能低下症、妊娠後期
TSH 【高値】原発性甲状腺機能低下症、クレチン症、下垂体性TSH産生腫瘍、異所性TSH産生腫瘍、慢性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎
【低値】甲状腺機能亢進症、バセドウ病、亜急性・無痛性甲状腺炎の急性期
体質遺伝子検査 肥満関連遺伝子検査 肥満 1項目:5,100円
2項目:8,700円
3項目:11,800円
4項目:14,400円
骨関連遺伝子検査 骨密度・骨粗鬆症
血管関連遺伝子検査 高血圧・動脈硬化
アルコール代謝関連遺伝子検査 お酒の強弱
飲酒に伴う肝臓への負担体質
その他の検査 内臓脂肪測定CT検査 動脈硬化・メタボリックシンドローム 3,100円
アデポネクチン 3,600円
※頸動脈エコー 4,100円
脈波伝播速度 1,500円
骨密度測定 骨粗鬆症 4,100円
SAS簡易検査 睡眠時無呼吸症候群(作業中でも眠くなることが多い方に) 3,500円
DHEA-S 若さを保つホルモンの源 2,600円
運動能力年齢   500円
インボディ測定(体成分分析) 筋肉と脂肪の割合バランス 540円
健康指導 保健師による健康指導   1,000円

※1日の受け入れに制限があります。事前にお電話でご確認ください。

ご予約

お電話又は人間ドック・検診受付窓口での予約制となっております。
下記の健診も承りますので、お電話でお問い合わせください。

  • 全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)
    「生活習慣病予防検診」
  • 特定健診

お問い合わせ・お申込み

〒737-0821
広島県呉市三条2丁目1番13号
℡ 0823-21-1601(代表)内線105 担当者まで

よくある質問

Q.人間ドックを受けたいのですが、予約は必要ですか?
完全予約制になっております。お電話(0823-21-1601 代表)または、健診窓口⑱で承ります。
Q.希望日に予約を取る為には、いつ頃申し込めばよいですか?
当院では年度単位でご予約を承っております。新年度のご予約は、前年度末の3月より開始いたしますので、早めのご予約をお勧めいたします。
Q.気になる症状があるので、早く受けたいのですが…
自覚症状のある方は、保険診療(外来)の受診をお勧めいたします。症状に合った診療科をご受診ください。
Q.何時に終わりますか?
概ね13時頃に終了すると思われます。ただし、検査内容と検査の混み具合によっては遅くなる可能性もございますので、お帰りの時間の余裕を持ってお越しください。子宮がん検診は午後の検診になりますので、お受けになられる方はお帰りが14時を過ぎる場合もございます。ご了承ください。
Q.オプションの追加は当日の申し出でもよいですか?
検査によっては人数の制限があるものがございます。腹部超音波検査・頚動脈超音波検査・乳がん検診・子宮がん検診・脳MRI・睡眠時無呼吸症候群(SAS)の追加はお早めにご連絡いただきますようお願いいたします。
血液検査は当日の追加で可能ですので、受付時にお申し出ください。
Q.受付時間に遅れる場合はどのようにすればよいですか?
事前におわかりの場合はご連絡をお願いします。当日、交通事情等によりお遅れの場合もお知らせ頂きますようお願いいたします。ただし、お越しになるまでの間、飲食(少量のお水以外)はされないようにしてください。
Q.便秘気味です。便は何日前から採ってよいですか?
提出日の3日前以内で、日を替えて2回採取してください(冷暗所保管)。
2回が難しい場合は1回分でも検査できますので、当日お持ちください。残り1回分はキャンセルされるか、または、後日お持ち頂いても結構です。当日の受付にてお申し出ください。
Q.胃の検査はありませんが、食事をして行ってもよいですか?
胃の検査がなくても血液検査があります。食事をされますと結果に影響がでますので、前日の21時からは食事をされないようにしてください。糖分、脂肪分のある飲料、ガムもお避けください。お水に限っては、少量飲んで頂いても構いません。
Q.当日、治療中のお薬は飲んでもよいですか?
胃検査中に血圧が上昇する可能性がありますので、血圧のお薬のみ7時までに少量の水で内服してください。その他のお薬は主治医にご相談の上、指示にしたがってください。
Q.コンタクトを付けて受診してよいですか?
眼底検査と脳MRIをお受けになる方は、外して頂きますので保管ケースをご用意頂くか、メガネでお越しください。使い捨て(ワンデイ)コンタクトレンズをご使用の方は、代わりのコンタクトレンズまたはメガネをお持ちください。
Q.経鼻内視鏡はありますか?
ご用意しておりますが、台数に限りがありますので洗浄にお時間を頂くことがあります。なお、検査中は鼻の粘膜を通りますので鼻に出血があることもございます。そして、カメラ自体が小さいので見える範囲が狭く、検査時間が長くなることもありますのでご了承ください。ご希望の場合は事前にお申し出ください。
Q.胃内視鏡で鎮静剤を使いたいのですが、どのようにしたらよいですか?
当日、採血時に保健師が胃検査の問診を行いますので、その際にお申し出ください。ご使用になるに当たり、効果が終日あると言われておりますのでお車、自転車、バイクを運転して来られないよう、公共の交通機関、徒歩、またはどなたかの送迎でお越しください。検査後も運転はお避けください。
Q.胃X線検査のバリウムが出ないのですが…
お水やお茶を多めにお飲みください。当日の夕方までに出ないようでしたら、市販の下剤、もしくは健診窓口でも下剤をお渡ししますのでお飲みください。それでも出ない、またはお腹が張ったりする場合は、健診窓口にご連絡ください。
Q.妊娠の可能性があります。受診できますか?
妊娠中、または可能性のある方は、安全を考慮して、胃X線、胸部X線、CT,マンモグラフィ、骨密度、胃内視鏡、子宮がん検診はお受け頂けません。その他の検査はお受け頂けますが、早めに健診窓口にご相談ください。
Q.授乳中ですが乳がん検診は受診できますか?
乳がん検診(視触診/マンモグラフィ)は、授乳中の方は乳腺の量が多く、正確な診断が難しいので検診ではお勧めできません。
Q.生理になりそうですが受診できますか?
受診は可能ですが、検便のある方は便に血液が混じることがありますので採らないでください。生理前にお持ち頂いても検査できますし、後日お持ち頂いても結構です。健診窓口にご相談ください。検尿は、生理中のコメントをお入れしますので、受付にお申し出ください。
Q.乳がん検診は女性(医師・放射線技師)ですか?
乳房視触診は男性医師です。マンモグラフィ検査は女性技師での対応はできます。技師の業務の関係でお待たせすることがありますので、ご了承ください。なお、不在の場合もありますので、ご希望の場合は事前に健診窓口にご確認ください。
Q.支払のクレジットカードの使用はできますか?
お支払い額が5,000円以上であれば、どちらのカード会社でもクレジットカードのご利用は可能です。支払窓口でお申し出ください。
Q.結果はいつ頃届きますか?
1か月を目処にご自宅へ簡易書留にてお送りいたします。お受け取りのサインが必要になりますので、お受け取りが難しい方は事前に健診窓口へご連絡ください。
Q.結果の再発行はできますか?
再発行は有料(1通1,080円)にて承ります。準備が必要ですので、お受け取りに来られる日を事前に健診窓口にご連絡ください。
Q.結果で要精密検査の判定がでました。どのようにすればいいですか?
結果に紹介状が同封されている場合は、紹介状をお持ちの上、お近くの医療機関をご受診ください。当院でご希望の方は、ご予約をお取りしますので必ず事前にご連絡ください。

PAGE TOP